呉服店名義貸しの事件が最高裁で上告審弁論が行われます。

地裁では割販法改正後最初の勝訴判決でしたが(2014.7.15発行 JACAS158号の判例紹介)
その後第2審は残念ながら敗訴し、最高裁に上告していました。
平成29年1月23日に上告審弁論を開くことが決まりました。

割販法の適用についての重要な裁判です。
傍聴は人数が限られているので難しいとのことですが、
裁判の状況がわかりましたら情報提供していきます。
よろしくお願いします。

呉服名義貸し事件新聞記事

2014.7.15JACAS158号 jacas158


ページのTOPへ