ズーム集会ご案内
日本の裁判、大丈夫?~期間限定訴訟? 理由なし判決?~

法制審議会民事訴訟法(IT化関係)部会が本年2月に作成した民事裁判のIT化に関 する「中間試案」には、「新たな訴訟手続」等の提案が含まれています。
「新たな訴訟手続」は、第1回期日もしくは審理計画作成から審理終結までを6か月と する期間限定の新たな「訴訟」の提案です。当事者の主張・立証する権利が法律上もしく は事実上制限されます。
そもそもIT化とは無関係であるうえ、この制度が導入されると、 粗雑な審理や誤った判断がなされる危険性が高まります。また、「和解に代わる決定」の提案もあります。これは裁判所が決定で和解を押しつける、いわば「理由なし判決」の制度 提案です。
本年5月のパブリックコメントでも、消費者団体、労働団体、弁護士会などの 多数の団体と個人がこの2つの制度の新設に反対しています。
法制審議会が重大な局面を迎えますので、消費者団体、労働団体、中小企業グループ、 市民グループなどが連携して、「新たな訴訟手続」と「和解に代わる決定」の新設に反対す るために、ズーム集会を企画しました。 多くの市民、団体、法律家のご参加をお待ちいたします。

日 時 : 2021年8月25日(水)午後6時~8時
会 場 : ズームによるオンライン配信(参加費無料)
申込み:t-nakamori@abenolaw.jp 弁護士中森俊久宛てに8月 23日(月)までにお申込み下さい。
ZOOM に関するご案内を8月25日(水) 正午までにメールにてお送りします。

主催 :新たな訴訟手続等に反対する弁護士有志の会

 

「新たな訴訟手続」反対集会チラシ

ページのTOPへ