【幼児向け紙芝居】~もりのだんごやさん~ 好評発売中!

本協会 消費者教育研究所が 作成した紙芝居です

もりのだんごや
<内容>
 私たちの毎日の生活は、さまざまなきまりやルールでなりたっています。 例えば、商品を自分のものにするためにはお金を払わないといけない、というこの紙芝居が教えるきまり。もしかしたら、子どもたちはみんな「そのきまり、ちゃんと知ってるよ!」って言ってくれるかもしれませんね。 でも、そうしたきまりはどうしてあるのでしょうか。どうして守らないといけないのでしょうか。
 きまりを守る心は、自分と他のみんなの生活はきまりやルールによってつなぎあわされていて、だからこそみんなが安全に安心して幸せに暮らすことができるんだ、ということを知ることから生まれます。
 私たちの生活をかたちづくるきまりの多くは、自分の欲しいものや大切におもっていること(自己の利益・価値)を、他の多くの人たちの欲しいものや大切におもっていること(他者の利益・価値)を実現することを通して、つまり、安全で安心できる幸せな社会を形成していくという公共的な利益を実現することを通して、より大きく実現していくための大切な仕組みです。きまりを守ることの意味と大切さはこの他にもいろいろなかたちで考えることができると思います。ぜひ子どもたちと一緒に様々に考えてみていただきたいと思っています。

幼児向け紙芝居~もりのたんごやさん~ ご案内


ページのTOPへ