消費者契約法改正に向けた専門技術的側面の研究会報告書に関する意見書を提出しました。

消費者庁では、平成31年2月から「消費者契約法改正に向けた専門技術的側面の研究会」を開催し、令和元年9月に同研究会報告書が取りまとめられました。この報告書では、「どのような形で法改正案として採用するかについては、今後、消費者と事業者の双方の関係者を加えた議論に委ねることとしたい」とされているところ、議論に先立ち、広く意見を募集することとなったため、本協会としての意見を本日提出いたしました。
ぜひご確認ください。

消費者契約法改正に向けた専門技術的側面の研究会報告書に関する意見

なお、報告書で提案されている考え方は以下です。
消費者契約法改正に向けた専門技術的側面研究会報告書で提案されている考え方


ページのTOPへ