消費生活相談員担い手確保事業 追加募集のお知らせ

追加募集は締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

令和2年度消費生活相談員担い手確保事業を消費者庁から受託し、講座のお申込み受付を6月25日に開始いたしましたが、応募多数により募集を締め切らせていただきました。大変申し訳ございませんでした。
申込み受付の確認をさせていただいた結果、若干名の追加が可能となりましたので追加募集をいたします。

募集開始  : 7月3日(金)12時~
募集人数  : 若干名
申込み方法 : 下記 URLよりお申込みください。
※定員に到達次第、募集を終了いたします。

https://zensoel.tbi.jp/entry/

パスワード:syouhi-E2020

消費生活相談員担い手確保事業について
目的
どこに住んでいても質の高い相談・救済を受けられ、消費者の安全・安心が確保される地域体制の維持・拡充に向け、「地方消費者行政強化作戦2020」も踏まえ、各地域において、消費生活相談体制の強化や消費生活相談の質の向上に取り組んでいるところです。
他方、「令和元年度地方消費者行政の現況調査」の結果によると、全国の消費生活相談員の数が前年度比で減少しており、また、各地で実施している地方消費者行政ブロック会議等においても、消費生活相談員の高齢化や担い手不足が深刻であることが指摘されています。
これらを踏まえ、消費者庁は、令和2年度より、全国各地の消費生活センター等で相談業務等を担う人材の育成・確保を目的として、「消費生活相談員担い手確保事業」を実施することになりました。

事業の内容
消費者安全法に基づく消費生活相談員資格(国家資格)を取得するための講座を提供します。
全国どこでも受講可能な養成講座とするため、Eラーニングによる講座とします。
初めての受講者にも分かり易く丁寧な内容を心がけ、かつ、過去の国家資格試験実績や最新の消費者政策課題等に基づき、国家資格取得に向けた効果的な講座といたします。

対象者
消費生活相談員資格取得及び消費生活相談員の職に就くことを目指す方々
(初学者から現在国家資格取得を目指している現役消費生活相談員を含む幅広い層)
なお、既に消費生活相談員資格試験に合格されている方については、事業の趣旨に鑑み、参加をお断りさせていただくことがございますので、予め御了承ください。

費用        無料

カリキュラム    消費生活相談員担い手確保カリキュラム


ページのTOPへ